HOME【動物病院】銀座で評判の獣医師をお探しの方必見!猫のがんの主な症状と原因
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 総合診療科
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 がん腫瘍科
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 整形外科
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 脳神経外科・椎間板ヘルニア
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 消化器科・内視鏡検査
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 循環器科・心臓病科
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 皮膚科
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 歯科
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 痛み外来
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 予防医療
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 健康診断
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 高度画像診断・CT/MRI
  • 浜松町・新橋・芝公園・麻布エリアの動物病院 芝公園動物病院の画像 小動物診療科
港区湾岸動物医療センター 芝浦港南動物病院
芝浦動物医療センター 芝浦海岸動物病院
目黒動物医療センター  目黒動物病院
品川動物医療センター  大崎動物病院

【動物病院】銀座で評判の獣医師をお探しの方必見!猫のがんの主な症状と原因

大切な愛猫には、元気で長生きしてほしいと誰もが願うでしょう。しかし、人間と同様に、猫もがんにかかってしまうことはあります。「気になる症状があるけれど、がんでないか心配…」そんな方のために、猫のがんの主な症状と原因をわかりやすく解説いたします。万が一猫ががんであっても、腕利きと評判の信頼できる動物病院を探して早期治療を始めましょう。

脱毛を伴うしこりや嘔吐・下痢などは肥満細胞腫が原因

猫の診察をする獣医

脱毛があったりしこりができたり、嘔吐や下痢といった症状が出たりした場合は、脂肪細胞腫が原因かもしれません。肥満細胞は、免疫細胞の一つで、体を守るために働く細胞です。

しかし、脂肪細胞ががん化してしまうと脂肪細胞腫になってしまいます。脂肪細胞腫がすべてがんというわけではありません。脂肪細胞腫には、大きく分けて2種類が存在しています。

皮膚型脂肪細胞腫

体のどこか1箇所に、しこりができます。複数できる場合もありますが、ごく稀です。かゆみや痛みなどもほとんどないため、猫自身もあまり気にしませんが、脂肪細胞腫ができた部分は脱毛します。しこりができやすいのは、耳や目、首の周りです。しかし、全身どこにでもできる可能性はあります。

内臓型脂肪細胞腫

内臓に発生するため、目に見えてわかるものではありません。嘔吐や下痢といった消化器系の症状から始まり、次第に元気がなくなったり、食欲がなくなったりします。また、体重の減少や眠ったらなかなか起きないといった異変も現れ始めます。お腹にしこりができることもあり、その場合はお腹だけぽっこりして目立つので、日ごろからよく観察しましょう。

銀座からすぐの芝公園動物病院では、がん・腫瘍科があり、脂肪細胞腫などの疾患にも対応しております。銀座近くで評判の良い動物病院をお探しの方は、ぜひ芝公園動物病院をご検討ください。

ほくろ状のもの・食欲不振・口臭などは悪性黒色腫(メラノーマ)が原因

猫型の皿に盛られたエサ

悪性黒色腫(メラノーマ)は、皮膚がんの一種です。メラニン細胞ががん化し、悪性腫瘍となります。食欲がなく、口臭が強くなったりする場合は、悪性黒色腫を疑って、腫瘍がないか確認しましょう。

悪性黒色腫(メラノーマ)の見た目の特徴

見た目はほくろやシミのように見えます。しかし、ほくろとは異なる特徴があります。

  • 色がまだらである
  • 丸ではなく不規則な形をしている
  • 周りの皮膚より硬い
  • 周りの皮膚との境目がはっきりしていない

当てはまる特徴があればすぐに動物病院で診てもらいましょう。

悪性黒色腫は口腔内にも発生する

悪性黒色腫は皮膚だけでなく、眼球や指、口腔内にも発症します。進行スピードは非常に早く、特に口腔内で発症すると、肺などの臓器に転移することも少なくありません。食欲不振や口臭の異常を感じたら、口腔内の悪性黒色腫を疑ってみましょう。

港区の芝公園動物病院では、悪性黒色腫の診療も行っております。銀座からも通いやすいので、銀座近くで評判の動物病院をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせの電話番号:03-3434-1212

下痢・嘔吐・食欲不振などはリンパ腫が原因

下痢や嘔吐、食欲不振といった症状が出る場合は、リンパ腫のがんかもしれません。リンパ腫は、白血球の一種「リンパ球」ががん化して発症します。

猫で最も多いのは、消化器型リンパ腫です。消火器型リンパ腫は、腸にできます。そのため、食欲不振、下痢、嘔吐といった消化器の症状が出やすいです。最初は軽い症状でも、次第に食事ができなくなったり、下痢になったりという症状が現れます。

リンパ種の原因は猫白血病ウイルスの場合もある

リンパ腫を発症する猫の年齢は、平均8歳~10歳です。しかし、3歳ぐらいの若い猫でも、リンパ腫を発症することがあります。その場合、原因は猫白血病ウイルスへの感染です。また、腸管の慢性的な炎症なども原因となります。原因を減らすためには、動物病院などで猫白血病ウイルスの感染を防ぐワクチンを打つことをおすすめします。

港区の芝公園動物病院では、猫のがんの治療や猫白血病ウイルスへの感染を防ぐワクチンのご相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの電話番号:03-3434-1212

銀座周辺で評判の良い動物病院をお探しなら港区の芝公園動物病院

猫にもさまざまながんがあります。今では人間のがんと同じく、早期発見で治る病気といわれています。大切な愛猫の変化を見逃さず、早期に適切な治療を行いましょう。

銀座周辺で評判の良い動物病院をお探しでしたら、港区の芝公園動物病院をご検討ください。がん・腫瘍科をはじめ、消化器科・整形外科・脳神経外科・循環器科・皮膚科・歯科など、幅広い診察・治療に対応いたします。

また、医療設備や専門知識・技術を持つ獣医師が揃っております。愛猫を安心して任せられる、信頼できる動物病院です。銀座周辺で動物病院をお探しの方は、ぜひ港区の芝公園動物病院をご利用ください。

動物病院に関する豆知識

銀座の動物病院で愛猫を診せるなら芝公園動物病院

院名 新橋&浜松町動物医療センター(芝公園動物病院)
住所 〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目7−13 VISTA浜松町1F.2F
TEL 03-3434-1212
診療対象動物 犬・猫・小動物(ウサギ・フェレット・ハムスター)
診療時間 午前9:00~12:00 / 午後15:00~19:00
休診日
水曜日
水曜日は休診日となりますが、獣医師が待機しておりますので、診療内容により当日予約を受け付けておりますので、まずは、ご連絡下さい。また、ペットホテル・トリミングの受付や、診療予約の電話は随時受け付けておりますので、ご連絡下さい。
患者様ご来院エリア 浜松町・新橋・芝公園・麻布
アクセス JR浜松町駅から徒歩5分、都営地下鉄芝公園駅から徒歩5分、都営地下鉄大門駅から徒歩5分
URL https://www.shibapark-ah.com/